コーヒーロースト山鼻 Beans
札幌市中央区は東屯田通りの南端に在る小さな珈琲焙煎所です。
【電話:011-532-1551 】
■当店ではコーヒー豆はご注文を頂いてからその場で焙煎します!
■だから深くも浅くも焙煎度合はお好みのまま!


■焙煎日のハッキリしたコーヒー豆を新鮮なウチに飲みましょう♪
■普段何気なく飲んでいるコーヒーが特別な一杯になります♪


■焙煎直後の香り豊かなコーヒーをお悦しみ下さい。

■定休日(水)以外は16:00までに決済頂けたご注文は即日、焙煎・発送致します。
■現在郵便局が時間短縮営業のため、土日祝はその日の発送に間に合わない事があります。
Coffee Roast Yamahana Beans

2019/03/07 22:41

 ガテマラはコーヒーの聖地・アンティグア地区の超高地、標高1,900mで栽培されたスペシャルティコーヒー。品種はコスタリカ原産のビジャサルチ!
 黒糖を思わせる様な香りと風味。きれいな果実感と一緒に飲めば甘酸っぱく、口に残るコク。

農園名 :ブエナビスタ農園
農園主 :ルイス・ペドロ・セラヤ
エリア :アンティグア
プロセス:フーリーウォッシュド
品  種:ビジャサルチ
標  高:1,800〜1,900m
認  証:APCA認証

 グアテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。
 この自然条件とグァテマラで最初にコーヒー栽培の始まった伝統から、アンティグアコーヒーは古くから最高品質コーヒーの代名詞でした。
 現在、このアンティグアを代表するコーヒー生産者がルイス・ペドロ・セラヤ氏です。最新の農学に基づき、きれいに行き届いたシェードツリーの管理、単一品種ごとの栽培、収穫日ごとのマイクロロット管理によって、「アンティグア・コーヒー」のブランドを超えるコーヒーを提供してくれる生産者です。

 ここでは標高1,900mの斜面にコーヒーを新たに栽培しています。アンティグアの農園のほとんどは、盆地の底、標高1,500~1,600mくらいにありますが、盆地を囲む山々は標高2,000m以上あ
り、高い標高で今までのアンティグアコーヒーを超える新しいアンティグアを作り出そうというのが彼の狙いです。
 また品種もビジャサルチというコスタリカ生まれの品種を採用。
 ルイス・ペドロ氏の卓越した栽培技術と合わさり、「伝統あるアンティグア」に新しい1ページが加えられました。

おすすめ焙煎深度:ハイロースト