2019/02/04 20:59

 コーヒーチェリーの果肉を剥いでから乾燥するまでの間に発酵過程をはさむフリーウォッシュド精選法という精選法で生産された豆で、生豆のままでもフルーティでいて香しい香りがします。

 口に含むとすぐにしっとりとした口当たりを感じ、その直後、酸味を伴う奥行きのある甘さで口内が一杯になります。
 そしてシトラスやジャスミンなどの様なクリアな香りが液体を飲み込む時にフワリと鼻に抜けてゆきます。
 苦味は強くはありませんが、輪郭がはっきりしている印象で、口に含んだ時と後味の最初と最後の口内を締めてくれます。

 写真ある様に大変に大きな豆ですが(4枚目の写真のスコップに入っているのはガテマラ ブルーレイク アテトランの焙煎豆です。大きさを比べてみて下さい)味も大味などという事はなく、苦味・酸味・甘さ・コクのバランスのが良く、全体的にクリアで繊細な味わいです。

 おすすめの焙煎深度はハイロースト〜シティローストで、ハイローストとシティローストの丁度真中より少しシティロースト寄りの辺り(ハイロースト+++)です。まずは当店の焙煎でぜひ試してみて下さい!^^

農園名:カサ ブランカ
エリア:ディピルト・ヌエバ・セゴビア
生産者:セルヒオ・ノエ・オルテス
精選法:フリーウォッシュド
品 種:パカマラ
標 高:1,150m〜1,500m
 
 カップオブエクセレンスを2012年を始め計4度受賞した優良農園・カサ ブランカ農園はニカラグアの北西部のホンジュラスとの国境に近い、崖と谷が入り組んだ山岳地帯に位置します。農園内は自然林とシェードツリーが多く、小動物も多く素晴らしい環境の農園です。

 2008年度にニカラグアで初めてPinhalense(機械メーカー)の生産処理ラインと、アフリカン・ベッドを導入し、品質の向上に努めています。品質管理のカッピングはSCAAのスターカッパー、Qグレーダーが行っています。